トップに戻る > 富士通、ブレードサーバー・シェア15%を目指す! »

IMJネットワークが仮想サーバー・ソフト「Virtual Iron」を導入


ホスティング・サービス「GrowServerサービス」を展開するIMJネットワークは,仮想サーバー・ソフト「Virtual Iron」を導入した。サーバー上に利用者ごとに異なるパソコン環境を提供するサービスにおいて,仮想サーバー・ソフト「VMware ESX Server」から乗り換える。「Virtual Ironを評価した結果,VMwareとそん色ない性能や信頼性が確認できたので,5月中旬から順次切り替えていく」(ITサービス部 GrowServerグループ 酒井統史氏)。


IMJネットワーク仮想サーバー・ソフト「Virtual Iron」を導入 より

これはサーバー機に仮想サーバー・ソフトを搭載して、仮想サーバーを実現するサービスだそうです。

各仮想サーバー上でWindows XPを稼働し、クライアントが利用。「VMware」から「Virtual Iron」に乗り換えて、仮想サーバー・ソフトのコストが数分の一になる計算なんだとか。

オープンソースの仮想サーバー・ソフト「Xen 3.0」が基本なんだそうです。


富士通、ブレードサーバー・シェア15%を目指す! »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.