トップに戻る > センドメールがメールサーバーとWebメールの機能連携 »

Microsoftが『Longhorn』サーバーの正式名称を発表!


デモンストレーションを行なった同製品の担当マネージャは、ファイヤーウォールとウイルス対策ソフトウェアを導入していないノートパソコンが、ネットワークへのアクセスを拒否される様子を実演した。Windows Server 2008 では、管理者が4000を超えるポリシーオプションから設定できるようになるが、この数は『Windows Server 2003』のおよそ2倍にあたる。


Microsoft、『Longhorn』サーバーの正式名称を発表 より

マイクロソフトのビルゲイツ氏がロサンゼルスで開幕したカンファレンスで、『Windows Server』の次期版『Longhorn』の名称を『Windows Server 2008』とすることを正式に発表したそうです。

また『Windows Vista』のライセンス販売数が、4000万本近くに達したと発表していました。


センドメールがメールサーバーとWebメールの機能連携 »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.