トップに戻る > 無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーのアドレスの違い »

無料サーバーと有料サーバーの違いは?


プロバイダーが用意してくれている無料サーバーなどの場合は、ページをたくさん更新していくと、ディスク容量がいっぱいになったりします。ですが、他のスペースに移転 したくなった場合、アドレスごとを他に移すことができません。すべてが変更になってしまいます。




せっかく、知人やいろんなサイトのリンク集などに掲載してもらったのに、サーバーを移転するとなると、今までのURLアドレスは使えなくなります。
また、広告 が表示されたり、商用での利用ができなかったり、いろいろと 制限 があります。



これに対して、有料サービスの場合は、月額200円程度で、ディスク容量が大きかったり、ブログを設置できたり、商用で利用できますので、自分で広告などを掲載できます。こうした広告には、1クリックで2円という広告素材もあります。1日3〜4回で、100回クリックされると月額200円はまかなえます。




さらに、独自ドメインも「.com」などのオリジナルドメインを自由に設定できるので、一度先に独自ドメインを取得しておけば、今後はアドレスはそのままで、サーバーだけを移転する事ができます。


無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーのアドレスの違い »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.