トップに戻る > アクセスアップに欠かせないサイトマップ攻略術 »

成功するSEO対策のポイントまとめ!


SEOの対象とする検索エンジンは、日本でよく使われている順に、ヤフー、グーグル、そして余力があればMSN(Liveサーチ)を選ぶのが一般的だ。オプトとクロス・マーケティングが2006年4月に発表した「検索エンジン利用状況実態調査」では、国内検索エンジンのシェアはヤフーが59%、グーグルが25%、MSNが4%という統計が出ている。


SEOで検索エンジンから呼び込もう より

レンタルサーバーを利用してホームページを作成する場合、考えなければいけないのが、SEO対策(検索エンジン最適化)です。

これに関するわかりやすい記事が掲載されていましたので、紹介します。いくつか個人的につけたしましたので参考にしてください。

詳細に関してはWeb担当者フォーラムを参照ください。


■まずはサイトのメインキーワードを再考する

■基本は1つのページに1つのメインキーワードにする


【サイトの内部要因に属する最適化手法(レイアウトのコツ)】

■[title] に重要なキーワードを入れる

■[meta description] に簡潔なページの説明文を入れる

■[meta keyword] に10個以下のキーワードを入れる

■[h1] [h2] [h3] などを本来の用法の見出しとして使う

■[h1] タグは1ページに1つ。[body]のできるだけすぐ後、[h2]よりも前に書く

■[title] や [h1] [h2] などの見出しタグの内容から、無関係なテキストを減らす

■[strong] や [em] でキーワードを強調する

■キーワードが複数語の場合、離さずに並べて書く

■ページのサイズは100Kバイト以下にする

■コンテンツのキーワード出現頻度を適度に上げる

■キーワードに関連深いコンテンツはページの最初の方に置く

■テーブルレイアウトよりCSSレイアウトを優先する

■ページ中のリンク個数を100個以下にする

■[img] タグにはaltで代替テキストを入れる

■sitemapでページの存在を知らせる

■ページデザインでフレームは使わないよう気をつける

■リンク切れはなくす

■サイトはできるだけ早く公開し、検索エンジンに登録しておく


【サイトの外部要因の最適化手法(相互リンクしてもらうコツ)】

■リンクしてもらうときのテキストに、検索キーワードが入るように

■自分のページのキーワード、リンクしてもらうテキストと関連の深いコンテンツのページからリンクしてもらう

■リンクしてもらったページ内にあるリンク数が100個を越えないことを確認する

■イメージでリンクをしてもらうときは、イメージのalt属性でテキストを付加してもらう

■相互リンクバナーを用意する

■Yahoo!ディレクトリへ登録する

■Open Directory(dmoz)へ登録する

■ディレクトリ型検索エンジン、リンク集、ソーシャルメディアに登録する

■リンクを貼ってもらえるコンテンツを作る

■順位決定の仕組みは日々進化し続ける事を認識する


記事に掲載されている基本的な流れについて紹介しましたが、これらをきちんとおさえているサイトは上位に表示されています。

SEO対策とはつまり、ユーザーに最適なページに最適化するという事なので、こうした基礎をおさえる事で必ず成果があらわれます。


アクセスアップに欠かせないサイトマップ攻略術 »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.