« 2008年10月 | ホームへ | 2008年12月 »

2008年11月06日


国内最大級のバックボーンネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、2008年11月5日、インターネットデータセンターを支える基幹ネットワークであるバックボーンネットワークの回線容量を、146Gbpsから166Gbpsへ増強したことをお知らせいたします。


さくらインターネット、バックボーンネットワークを166Gbpsに増強しコンテンツ配信能力をさらに強化 より

さくらインターネットが、バックボーンネットワークの回線容量を、146Gbpsから166Gbpsへ増強しました。

コンテンツ配信能力の向上のためなんだそうですが、これにより、インターネットデータセンター回線総量ランキングでは1位になるそうです。

大手のWebサービスも利用されているさくらのサーバーサービス。こちらでも、いくつかのサイトで利用しております。今後とも継続して利用していきたいと考えています。

2008年11月20日


インターネットの普及と企業のITアウトソーシングの高まりにより、サーバ貸しであるホスティングサービスへの期待が高まっております。その中でも、共用のレンタルサーバは専門のサーバ運用知識を必要せず、個人の趣味からSOHO、中堅・中小企業のホームページ利用まで幅広いニーズにお応えできるサービスです。


さくらインターネット、月額125円からの共用ホスティングを料金据え置きでさらに強化 より

レンタルサーバ会社の大手、さくらサーバーのサービスが大幅に改定され、パワーアップしました。基本的には価格はそのままで、容量が大幅にアップしています。

例えば、ライトプランだと、月額125円で500MBに。プレミアムだと、月額1500円で10GBにアップしています。


●改定後のプラン比較表

こちらの改定は11月19日から適用されています。

以前では、125円という圧倒的な価格と安定度で、注目されていましたが、最近では、格安サーバーが続々と登場していました。そのため、新たな驚くプランを持ち望んでいた方も多かったかもしれません。ちなみに、現在の契約数は16万件だそうです。

プレミアムプランではドメイン数の制限が緩和されるなどのサービスがうれしいですね。

個人サイトでも、音声や、動画などの大容量ファイルを掲載していると、あっという間に容量がいっぱいになってきます。容量が不足で大容量のサーバーを探していたという方は、ぜひ一度検討されてはいかがでしょうか。

さくらレンタルサーバーの詳細へ

2008年11月29日


2003年1月、個人向けホスティング事業会社として福岡市で創業し、マダメ企画から移管した「ロリポップ」やブログサービス「JUGEM」などを提供。2004年にはGMOインターネットの出資を受け入れて連結子会社化され、東京都渋谷区に移転した。


paperboy&co.がJASDAQ上場へ より

ロリポップなどのサービスを提供している会社 paperboy&co がJASDAQに上場が決まりました。

ペパボさんは、ロリポップやムームードメインのなど、格安で女性にもわかりやすいサービスで人気に。代表取締役社長の家入一真氏も書籍を出したりして話題になっていましたね。

5万株の公募と10万株の売り出しを行うんだそうです。つまり、資金の増強です。

これにより、サービスの強化として、サーバや内部統制システムの強化に伴う設備などにあてるそうです。

今後のサービスの向上や新サービスに期待ですね!








Copyright (C) 2007 サバコレ! - レンタルサーバー比較 All Rights Reserved.