トップに戻る > クライアントサイドスクリプトと、サーバーサイドスクリプトとは? »

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)について


CMSとは、ブログなどに代表される、データベースを活用したシステムです。

ブラウザ状で、記事を更新したりできるため、手軽にホームページを修正できます。

ホームページでは、HTMLファイルを作成し、FTPソフトを使ってファイルを転送・アップロードするため、ファイルを修正したり、新しいページを追加するのに手間がかかります。

CMSを活用すれば、コツコツとページを更新したし、追加するのに便利です。

人気のブログシステムでは、Movable Typeや、WordPressがあります。

コミュニティ・システムの作成には、Xoops(ズープス)がよく活用されているようです。

Movable Typeはブログ・システムとして有名ですが、企業サイトにも活用されていて、テンプレートなども配布されています。

ニュースを投稿したりできるので、おすすめです。

こちらは、cgi や MySQLなどのデータベースが使える、さくらスタンダードや、ロリポップなどのレンタルサーバーを選んでみてください。


クライアントサイドスクリプトと、サーバーサイドスクリプトとは? »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.