トップに戻る > 転送量で気をつけるポイントは? »

データベース(MySQL)は必要?


ブログやネットショップサイトには、MySQLなどのデータベースが使われています。

お客さんリストや、ブログの記事など、リスト化できるのがデータベースです。こちらが使えれば、大量のデータをリストで表示できます。

サイト内に、ブログやネットショップ・カートを設置する場合は、cgiが使えるプランを選びましょう。MySQLなどのデータベースの数も確認してみてください。

MySQLが、1つか2つほどしか使えないサービスが多かったのですが、最近では、50個まで設置できるというサービスなどが登場しています。

これにより、1つのサイトの中に、Moable Type、WordPress、ショッピングカートといったシステムが設置できるようになりました。

低価格なサーバーでも、総合的なサイト構築が可能になっています。


転送量で気をつけるポイントは? »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.