トップに戻る > サーバー代を広告費でまかなう5つの方法とポイント »

転送量で気をつけるポイントは?


転送量とは、サーバーから転送されるデータ容量のことです。

アクセスが多いサイトでは、ページや画像、動画などが多数表示されるため、転送量が大きくなります。

サーバーによっては、1日のデータ容量を3GBに設定されていたりするので、注意が必要になります。

サービスによっては、無制限というプランもありますので、こういったサービスを選ぶ事をおすすめします。

ちなみに、動画などをたくさん掲載していて、大量アクセスが発生した際に、サーバーに負荷がかかってしまうため、厳しいところでは、アカウントが停止されてしまう場合がありますので、転送量については、なるべくチェックしてみてください。

ただし、最近では、余裕を持っているサービスがほとんどですので、気にしすぎる必要はないかもしれません。


サーバー代を広告費でまかなう5つの方法とポイント »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.