トップに戻る > エックスサーバーがSSL証明書の割引キャンペーン! »

さくらの共用サーバーで確認する11のポイント


低価格で人気のさくらレンタルサーバー。実は私も普段から大変お世話になっております。

そこで、今回はさくらの共用サーバーを利用する際に、確認しておきたいポイントをまとめてみました。


さくらサーバーについて

まず、さくらサーバーについてですが、格安のライトプランでは125円で1GBというファイル容量になります。

私が普段活用しているのは、スタンダードプランの500円で10GBのサービスです。もしWordPressなど、自分で更新できるブログを設置する場合は、スタンダードがおすすめです。

データ転送量も特に厳しい制限はないそうです。

もちろん、共用サーバですので、重たいプログラムなどはなるべく使用しない様にしましょう。


ディスク容量と掲載できるファイルについて

共用とはいえ、使えるディスク容量が多いのですが、例えばどういった使い方があるのでしょうか?

・音楽ファイルを掲載する
たとえばBGMなどの音楽ファイルをたくさん掲載する事ができます。私も音楽関係のサイトで活用しております。ちなみに、ファイルの容量ですが、5分で5MBとかになります。

・動画ファイルを掲載する
自分で撮影した動画ファイルをFlash Playerなどで配信できます。動画ファイルは容量が大きいのですが、安心して掲載する事ができます。

・ちょい大き目の写真を掲載する
相当な量を掲載しても、余裕があると思いますが、容量を気にせず掲載できるのは安心ですね。

・データベースの容量について
WordPressや、Movable Typeなどのデータベースの容量も注意したい所。Ping送信のログが記録されているので、データ容量がいつのまにか大きくなる事もありますので、注意してみてください。


ちなみに、さくらはMP3などの音楽ファイルが掲載できるサーバーでもあります。意外と音楽ファイルは掲載できない所が多かったりするのですが、こちらでは大丈夫との事。

この様に、低価格でも高機能なサーバーですが、ホームページ作成では、作業が多いため、わからない事が多いかと思います。

そこで、さくらサーバーを利用する際に、
これだけは知っておいた方が良いという11のポイントをまとめてみました。

また、すでにご利用いただいている方も、これは使ってなかったな、といった発見がありましたら幸いです。

 

さくらの共用サーバーで確認する11のポイント


1. 会員登録の方法について確認

それでは、いざお申し込みをしましょう。

お申し込みについてですが、電話での申込みは行えませんので、オンラインからのお申し込みになります。

利用したいプランを選択して、住所などの個人情報を入力してください。

その後、サーバコントロールパネルにログインしてみましょう。


 


2. 独自ドメインについて

最初にもらえるサブドメイン、または独自ドメインが利用できます。

ムームードメインやバリュードメインなどの外部のドメインを設定できますので、格安で運用する事が可能です。

管理画面からログインして、「他社で取得したドメイン」というところで設定できます。

 


3. ネームサーバ

ドメインを設定する際に、レンタルサーバーのネームサーバを入力する画面がありますので、下記を入力しましょう。


●さくらインターネットのネームサーバ

プライマリネームサーバ ns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバ ns2.dns.ne.jp

ドメイン情報がうまく反映されるまでには、数時間 〜 2日程度かかる場合があります。

 


4. データベース(MySQL)

データベースを活用する事で、WordPressや、Movable Typeなどの独自ブログをサイト内に設置できます。

サーバコントロールパネルから、「データベースの設定」をクリックして設定する事ができます。

WordPressを設置する際は、「ユーザ名」と「データベースサーバ」という項目などがあります。

ちなみに、データベースを必要としないブログなども利用できます。ただし、多くのページには向いていないようです。

 


5. メールの作成について

さくらでは、独自ドメインを使ったメールアドレスを作成できます。

私も普段から利用していますが、Webメーラーも大変使いやすいです。

サーバコントロールパネルから、手軽にログインできます。

[その他のメール情報]


● SENDMAIL のコマンドパス
/usr/sbin/sendmail


● ファイルの添付機能

ウェブメールでは、ファイルの添付機能がついています。

1メールあたり1つのファイル(5MB)までを添付する事ができます。

 



6. HPファイルをFTP転送する場所


●ファイルをアップロードする場所について

作成したホームページの index.html などのファイル・データについてですが、下記の場所に転送してください。

↓↓↓↓

/home/アカウント名/www/


こちらに作成したindex.html などのホームページファイルをアップロードしてください。


●おすすめのFTPツールは下記のソフトになります。


・Windown
FFFTP
ホームページビルダー
DreamWeaver

・Macintosh
Fetch

 


7. さくらのブログが作成できる

サーバー・アカウントを取得した後は、せっかくなので、ブログを開設してみましょう。

さくらのドメインでブログが作れるのは意外と良いです。

シーサーブログなどを活用している方は、比較的扱いさすいと思います。


 

8. メールマガジンについて

「さくらのレンタルサーバ」ではメールマガジンも運営することができます。

ただし、第三者への不特定多数へのメールの送信行為は禁止されていますので、注意してください。

 


9. 再販について

さくらでは、商用利用は可能です。会社のホームページなどにも利用できます。

次に再販についてですが、共用サーバーは再販はできません。

サービスの契約は、利用者の本人の名前を入力する必要があります。

ただし、VPSサーバーは再販ができます。メールでお問い合わせしてみましたが、VPSを運用できる方にはおすすめ。(サーバ知識が必要です)


 

10. お支払い方法について

・クレジットカード・・・登録しておくと、メールで通知があった後、自動的に引き落しされますのでお手軽です。

・銀行振込・・・楽天銀行など、ネットバンキングでお支払いすると便利です。

・自動口座振替・・・すでに登録している金融機関の口座から、自動的に引き落としされます。料金のお振替えですが、毎月12日になります。


 

11. お試し期間が過ぎても大丈夫?

ついお試し期間がすぎてしまう場合がありますが、支払期限から1週間以内は大丈夫のようです。

また、継続して利用していて、料金の支払いが遅れた場合ですが、支払期限から2ヶ月以内の確認であれば、条件付ですがサービスの復旧が可能なんだそうです。


 

さくらサーバーを利用する際に確認しておきたい項目を紹介させていただきました。

この様に、格安ですがホームページ運営に必要な機能がついていますので、まずはお試しで利用してみてください。

少しでも参考になりましたら幸いです。

>> さくらレンタルサーバーの詳細 (サバコレ!)


エックスサーバーがSSL証明書の割引キャンペーン! »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.