トップに戻る > ロリポップサーバー、パブーなどで、チャリティ本サービス開始 »

CPI・レンタルサーバーがCMS付きレンタルサーバーを改良!


KDDIが運営している人気レンタルサーバー、CPIが、共用サーバーのシェアードプラン Zシリーズで、WordPressなどのCMS機能の強化を行っています。

以前からWordPressや、Movable Typeなどが設置できますが、新たにNucleus、concrete5、Magentoなどを追加して、ますます便利になりました。

WordPressでは、最初にプラグインが入った状態でインストールできるそうで、

タイトルなどを編集できる「All in One SEO Pack」

お問い合わせフォームの「Contact Form 7」

携帯表示をしてくれる「Ktai Style」

iPhoneなどで表示してくれる「WPtouch iPhone Theme」

以上の便利なプラグインが導入されているんだとか。必須なプラグインばかりですね。普段から手動でアップしているので、大変便利だなと感じました。

KDDIのレンタルサーバー、CPIは、個人から中小企業などの商用にも活用されている多機能サーバー。

新しくホームページの開設を考えている方は、この機会にチェックしてみてください。


ロリポップサーバー、パブーなどで、チャリティ本サービス開始 »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.