トップに戻る > さくらの共用レンタルサーバーでデータベース作成数が20個以上に! »

さくらサーバーでデータベースを作成する流れ


さくらのレンタルサーバーで、データベースを作成する手順をご紹介します。

データベースはブログなどのWebシステムを設置するのに必要になります。

ちなみに、スタンダードプランでは、1サービスにつき1個のデータベースが作成できます。


さくらサーバーでデータベース作成の流れ

管理画面の左メニューにある「アプリケーションの設定」から「データベースの設定」をクリックしてください。



●次に、データベース接続用のパスワードを考えて、入力して「送信」をクリック。



パスワードなどの情報を入力

データベースの情報が表示されるので、そちらをコピー&ペーストしてメモ帳などに保存しておいてください。

●データベースサーバ
●バージョン
●文字コード(EUC-JPなど)
●データベース名
●ユーザー名
●パスワード


以上でデータベースの作成は完了です。

WordPressなどのサイト内ブログを設置する場合は、「さくらサーバーでのWordPress作成の流れ」を参考にしてください。


さくらの共用レンタルサーバーでデータベース作成数が20個以上に! »


人気レンタルサーバー口コミランキングTop5へ

目的別で選ぶレンタルサーバー比較一覧


 価格別レンタルサーバー比較

月額125〜800円からのサーバーで比較
月額800〜4,200円からのサーバで比較
容量1〜10GBからのサーバー
容量10〜100GBからのサーバ
独自ドメイン取得サービスで比較する
 目的別レンタルサーバー比較

個人から企業までの情報サイト向け
Movable Type、XoopsなどのCMS向け
アーティスト、クリエイター向けのプラン
アフィリエイト向けのサーバープラン
ネットショップ向けのサーバサービス





Copyright (C) 2007 レンタルサーバー 比較 サバコレ! All Rights Reserved.